建設工事で生産性の向上を図り、品質、コスト、安全面で質の高い施工を確保するためには、現場で直接生産活動に従事する技能労働者、とりわけその中核をなす職長等の果たす役割が重要です。
登録基幹技能者は、熟達した作業能力と豊富な知識を持つとともに、現場をまとめ、効率的に作業を進めるためのマネジメント能力に優れた技能者で、いわゆる上級職長などとして、元請の計画・管理業務に参画し、補佐することが期待されています。
国土交通省の提唱により始まった登録基幹技能者制度は、登録基幹技能者を採用したことにより、生産性の向上が図られたとの発注者、元請受注者からの報告が増えており、今では、30職種以上が国土交通省に登録しています。
本会においても空調衛生工事に係わる専門工事業として「登録配管基幹技能者」「登録ダクト基幹技能者」の2職種の育成に務めております。
登録配管基幹技能者を目指す方のサイトです。
講習や試験の日程、合格発表など最新情報を掲載しています。過去の試験問題と回答も掲載しています。
登録ダクト基幹技能者を目指す方のサイトです。
講習や試験の日程、合格発表など最新情報を掲載しています。過去の試験問題と回答も掲載しています。
登録配管基幹技能者、登録ダクト基幹技能者をお探しの方はこちらのデータベースをご覧ください。
全業種の登録基幹技能者の氏名、勤務先、住まいの地域などから、検索が行えます。

                                                                                                                                    .
サイトマップ
スタッフログイン


*